求人・採用・外国人雇用

求人内容や採用時の説明で伝達不足があった場合、
会社と労働者の間で賃金や労働時間に相違が発生した場合は、即トラブルになることがあります。
詳細な労働契約書の作成によって採用トラブルを未然に防ぐことができます。

一覧に戻る

ホーム 採用・雇用・解雇 求人・採用・外国人雇用

求人・採用

募集・採用時のトラブル

情報の伝達不足により発生

募集要項より給与が低かった、試用期間が長かった、勤務場所・時間が違った、などのトラブルは経験ありませんか?いずれのケースも「聞いていない・知らなかった」ということが原因です。しかし募集要項や求人情報には記載できないこともあります。面接時・採用時、載せられなかった情報を確実に伝えられるようにし、トラブルを防ぎましょう。

労働契約書で再確認

両者の認識のずれをなくすため、労働契約書を通じて条件の最終確認を行う必要があります。試用期間や賃金、解雇事由、就業場所・時間などをあらためて伝え、合意の上で採用しましょう。

外国人採用・雇用

外国人雇用の注意点

在留資格の確認が必ず必要

日本で外国人を雇用するためには、就労することが法律上認可される資格を有していることが必要となります。そのため、外国人を採用する企業は、この在留資格を必ず確認しなければなりません。

外国人雇用の際の注意点

  • 在留資格があるかどうか
  • 入国管理法上労働する資格を有しているか
  • 当該労働契約等がどこの国の法律に準拠しているか
  • 言葉など文化・習慣の差異を把握できているか

このように、日本で外国人を雇用するためには、就労することが法律上認められる資格を有していることが必要です。したがって、外国人を採用する企業は、この在留資格の確認を必ず行わなければなりません。

採用・内定取り消し

内定取り消し

内定の取り消しは条件によっては可能

経営状況の悪化など、人員を増やすことができず、内定を取り消す必要がある場合もあるかと思います。内定の取り消しは、条件によっては可能ですが、「内定時には予想できなかったこと」が条件となります。
条件に合致しない場合には、争いに発展することがあるため注意が必要です。内定の取り消しができるのは以下のような場合です。

  • 内定者に原因がある場合
  • 経営状況の悪化を原因とする場合

取り消しできないときは示談が必要

内定取り消しができない場合、労働者として受け入れるか、示談を行う必要性があります。示談の場合には、再就職までの保障分を踏まえ、和解金により解決を図ることになります。
いずれの場合にも費用が発生することになるので、採用については慎重に判断し、内定を出すようにしましょう。

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください
弁護士による電話相談無料 / お電話での相談予約も可

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください

0120-001-694 受付:毎日10:00〜19:00 / 定休日:なし