顧客引き抜き

退職した社員が、競合する会社に務めたり、競合する事業を始めた場合に、
顧客の引き抜きが行われることは、数多く起こっています。
会社経営に大きなダメージとならないように、事前の対策が必要です。

一覧に戻る

ホーム その他 顧客引き抜き

顧客引き抜き

顧客引き抜きの防止

就業規則や誓約書を準備して
万全の対策をする必要があります

退職者による顧客の引き抜きを防止するには、就業規則で情報管理規定を整備する、職員の退職時に顧客名簿などの営業上の情報の破棄などを約束させることが重要です。そして下記のような、さまざまな方法を組み合わせて、引き抜き防止への対策を実施していかなければなりません。

顧客の引き抜きを防止する方法

  • 退職者の競業を禁止する
  • 退職者が顧客と取引することを禁止する
  • 退職者が顧客情報を持ち出すことを禁止する

ただし、就業規則や誓約書が整備されていない状態では、顧客の引き抜きをされたときに対応方法が限られてしまうので、日ごろから就業規則や誓約書を準備した上で、顧客引き抜きについて万全の対策をしておく必要があります。

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください
弁護士による電話相談無料 / お電話での相談予約も可

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください

0120-001-694 受付:毎日10:00〜19:00 / 定休日:なし