労働訴訟の対策

労働訴訟は、労働審判と違い期日回数の制限がないので、
会社としては、準備に時間的な余裕があり、熟考して言い分を主張することができます。
通常の民事訴訟手続に則って手続きに入ります。

一覧に戻る

ホーム 裁判・労基対応 労働訴訟の対策

解雇無効・地位確認訴訟

解雇無効・地位確認請求の訴え

解雇無効・地位確認請求の訴訟が
増えています

企業を経営していると、従業員の解雇が必要になる場合があります。しかし、解雇された従業員が納得せずに、行政機関や労働者側弁護士に相談した結果、解雇無効・地位確認請求の訴訟が起こされるケースが増えてきています。解雇に関係するトラブルは、一般的に従業員側が有利な場合が多いと言われていますが、企業側が正しい対応をすることで、会社側勝訴の判決を得ることも可能です。

不当解雇の主張は地位確認請求となる

解雇や退職の無効を争う場合は、解雇された従業員が「社員としての地位にあること」を確認するための争いです。一般的には地位確認請求とともに、解雇無効を前提とした賃金請求を請求されることが多く、精神的苦痛に対する慰謝料を請求されることもあります。

和解に応じるか判決を求めるかの判断

訴訟を起こされた場合は、まずは和解に応じるか、判決を求めるかの判断が必要となりますが、この判断には、法的な専門知識を要する弁護士のアドバイスが必要になります。
和解に応じる場合でも、弁護士に依頼をすることで、会社側の負担も少なく和解案を調整することができます。当事務所では労働問題に強い弁護士が対応いたします。

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください
弁護士による電話相談無料 / お電話での相談予約も可

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください

0120-001-694 受付:毎日10:00〜19:00 / 定休日:なし