労働審判の対策

リーマン・ショック以降に急増した労働審判。
急激な経済情勢の悪化が引き金だったことはいうまでもありませんが、それ以降も件数は減っていません。
不満をかかえる労働者にとって、一般化しつつある解決手段といえるでしょう。

一覧に戻る

ホーム 裁判・労基対応 労働審判の対策

労働審判

労働審判とは

労務問題を素早く解決できる制度

労働審判とは、労務問題を迅速かつ適切に解決するための制度です。通常の裁判では1年以上かかるケースが多く、期間が長くなるほど労力・費用の負担は大きくなってしまいます。一方、労働審判では3カ月程度で交渉を終えることが可能です。
労働者は準備を終えてから申立てを行いますが、会社側は申立てがあってから1カ月程度で主張・反論の準備を位行わなければなりません。
準備期間では不利な状態であり、素早い準備と対応が求められます。

適切に対応するためには
専門家との協力が不可欠

労働審判は、準備期間が非常に短いにもかかわらず、適切な準備・対策を行わなければ不利な結果になってしまいます。しかし手続きの流れを把握し、どのような資料を用意すれば有利になるか、現状ではどのような審判が下りそうかなど、全体を把握するのは専門家でない限り困難かと思います。
また、短い期間でさまざまな書類を準備する必要があるため、労力的な負担は大きいものです。適切に対処し、使用者様の負担を減らすために弁護士の利用をおすすめいたします。
労働審判の手続き、解決に向けた準備や対策はわれわれ専門家にお任せください。

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください
弁護士による電話相談無料 / お電話での相談予約も可

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください

0120-001-694 受付:毎日10:00〜19:00 / 定休日:なし