団体交渉の対策

労働者個人が会社と対等に交渉するのは簡単ではありません。
使用者・労働者という関係から、弱い立場になってしまうことが多いためです。
そこで労働者が結束して労働組合を結成し、団結力を背景に団体交渉が行われるようになりました。

一覧に戻る

ホーム 労組・団交 団体交渉の対策

団体交渉(立会い)

団体交渉とは

労働組合による環境・待遇改善の交渉

団体交渉とは、職場環境や待遇の改善などを求め、個人に代わり労働組合が交渉を行うことです。労働者個人が会社に交渉しようとしても、使用者・労働者という関係性から立場が弱くなり、対等な話し合いは困難です。そのため労働者が労働組合を結成し、団体で交渉を行う権利が保障されています。

ユニオンからの団体交渉が増加

ユニオンとは、会社に労働組合がなくても個人が加入できる労働組合のことです。正社員のほか契約社員、パートでも入ることができます。
ユニオンは個人からのさまざま依頼に対応しているため、豊富なノウハウを所有していることが想定できます。常に問題の予防に努め、問題発生時には迅速かつ適切な対処が重要です。

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください
弁護士による電話相談無料 / お電話での相談予約も可

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください

0120-001-694 受付:毎日10:00〜19:00 / 定休日:なし