労働災害・雇用保険

労災保険と雇用保険は、どちらも労働保険の一部です。
労働時のケガや病気の治療費と収入を補償と、休業や失業時の収入を補償する制度です。
労働者を一人でも使用していれば加入が義務付けられている制度です。

一覧に戻る

ホーム 労働条件・労務環境 労働災害・雇用保険

労働災害

労働災害事故

労働災害事故は
さまざまな事業リスクが発生します

労働災害は起きた場合は、従業員の怪我や死亡以外にも、民事損害賠償請求を受ける可能性や企業イメージが低下する可能性など、さまざまなリスクが発生します。

予防のための弁護士利用

労働災害を防ぐためには、事前の体制づくりが重要です。体制を万全にすることで、もし事故が起こっても、会社に安全配慮義務違反がなければ、責任を負う事はありません。
ただし、労働安全管理の体制を築くためには、専門家のアドバイスを受けながら進めたほうがよいでしょう。

労働災害事故が起こった場合

労働災害事故が起こった時や、労働者から民事損害賠償請求を受けている場合は、専門の弁護士に相談することをお勧めします。

雇用保険

雇用保険とは

雇用保険加入の手続きは
雇用者の義務

雇用保険は、退職の際に、労働者の生活安定と再就職を促すために失業手当などを給付する制度です。労働者の雇用主は、決まって雇用保険加入に該当する労働者を雇用保険に加入させることが必須となっております。
雇用保険に加入する為に必須となる手続きは、雇用者の義務となるので、加入条件を確認し、手続きを行う必要があります。

雇用保険の基本的な加入条件

  • 勤務から最低31日間以上は労働する見込みがある
  • 1週間あたりに20時間以上働いている
  • 学生ではない(例外はあり)

雇用保険に加入する際の手続きは提出する書類も多く、煩雑な手続きが必要になるので、専門的で難しいと感じる方も多いと思います。
当事務所では、雇用者の皆様にかわり雇用保険の手続きを代行いたします。

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください
弁護士による電話相談無料 / お電話での相談予約も可

使用者側の労務問題は、
あい湖法律事務所の
弁護士にご相談ください

0120-001-694 受付:毎日10:00〜19:00 / 定休日:なし